もう一度咬める喜びを

歯を失った場合に行う治療には、インプラントや入れ歯、ブリッジなどいくつかの方法があります。中でもインプラント治療は、まるで天然の歯のような咬み心地と自然な見た目が得られるため、近年とても注目されています。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工歯を被せて歯の機能を取り戻す治療方法。インプラントそのものは体にやさしいチタンを素材にしており、顎の骨ともしっかり結合します。そのため、硬いものでもしっかり咬め、天然の歯を取り戻したような感覚が得られるのです。

また、人工歯にはセラミックを使用します。セラミックには自然な透明感や白さがあり、治療を受けたことを周囲に気付かれないほどきれいに仕上がります。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

  インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。

メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

当院のこだわり~4種のインプラントを使用~

当院では、患者様に適したインプラント治療を行うために、4種類のインプラントシステム(ITI、ZIMMER、GC、ケンテック)を導入しています。それぞれに種類や特徴が異なるインプラントを患者様ごとに適宜使い分け、安全・確実な治療を行っています。

インプラントに抵抗がある方へ~入れ歯治療のすすめ~

インプラント治療は怖い・抵抗がある……という患者様には入れ歯治療をおすすめしています。従来の入れ歯の「痛い」「外れやすい」といったデメリットを解消した入れ歯をご提案していますので、どうぞお気軽にご相談ください。

>>当院の入れ歯治療についてくわしくはこちら

院長からのメッセージ

歯が欠損した場合インプラントが全て、とは私は思いません。数ある選択肢の中のひとつであり、理想的な選択肢ではありますが、患者さまのあごの骨の状態、全身状態、時間の問題、そしてけして安価とは言えない治療費の問題、など患者さまの様々な問題をクリアーしなけばなりません。また骨を増やしたり、移植したりしないとできない場合もございます。
よって事前の審査診断、そして患者さまの同意が重要になります。
極度の難症例に関しては、専門医を招いて処置を行う、大学病院など高次医療機関のご紹介を致します。