親知らずでお困りの場合は……

親知らずとは、前歯から数えて8番目の一番奥の歯を指します。まっすぐに生えて周囲に悪影響がなければそのままで構いません。しかし、「横向きや斜めに生えている」「虫歯や歯周病になっている」「歯並びを乱している」などといった場合は抜歯が必要となります。

親知らずにまつわるトラブル

親知らずの抜歯

上顎の親知らずは、骨の厚さの関係上あっさり抜ける場合がほとんどです。しかし、下顎の親知らずは「横を向いているケースが多い」「骨の密度が高い」「骨が硬い」などの理由から、抜歯がやや困難になることがあります。処置前には抜歯の難易度なども含めしっかりとご説明を行い、患者様のご理解をいただいたうえで処置を行いますのでご安心ください。

なお、抜歯の際は局所麻酔をかけるため痛みを感じることはほぼありませんが、麻酔が切れてくると徐々に痛みが現れてきます。痛みに対しては痛み止めを処方しますので、指示通りに服用してください。

抜歯後の注意

  • 強いうがいは控えてください
  • 処方薬は指示通りに服用してください
  • 痛みがあっても冷やしすぎないようにしてください
  • 抜歯当日の激しい運動・長時間の入浴・飲酒などはお控えください
  • 患部を舌や指で触らないようにしてください

院長からのメッセージ

痛みが出たときは、抜くことができない場合が多いです。なぜなら痛みがあるところに、抜歯処置(痛いこと)をするわけで、術後痛みがさらに増すことがあります。
しかし、来ていただいたからには痛みを和らげ、また抜歯後はできるだけ、痛みの出ないように、処置を致します。