その症状、歯周病かもしれません

歯ぐきが腫れている・歯ぐきから血が出る・口臭がする――このような症状でお悩みではないですか? もしかするとそれは歯周病の症状かもしれません。

歯を失う原因第1位

歯周病は、プラークや歯石内に棲み付いている歯周病菌が排出する毒素によって歯ぐきに炎症をもたらす病気。放置しておくとやがて歯を支える顎の骨を溶かすようになり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。実は、日本人の歯を失う原因の第1位は、この歯周病によるものなのです。

歯周病を予防するうえで大切なことは、とにかく日々のブラッシングをきちんと行うこと。そしてセルフケアができない部分を、歯科医院のメインテナンスでしっかりとケアすることです。歯周病は全身にも悪影響を及ぼす病気ですので、十分なメインテナンスを心がけてください。

歯周病の影響

歯周病は口腔内だけの問題にとどまりません。歯周病菌が血流に乗って全身に運ばれることでさまざまな悪影響を及ぼすことがわかってきています。

心疾患 歯周病菌が血流に乗って心臓に到達することで動脈硬化が促進させ、狭心症や心筋梗塞などの心疾患を引き起こすことがあります。
呼吸器疾患 歯周病菌が含まれただ液を吸い込むことで、肺炎などの呼吸器疾患を引き起こすことがあります。
糖尿病 歯周病があると糖尿病に、また糖尿病があると歯周病になりやすくなるという具合に、両者には相互関係があるといわれています。
早産・低体重児出産 歯周病菌が血流に乗って子宮に到達すると、子宮収縮を引き起こし、早産や低体重児出産を招くといわれています。

歯周病治療

スケーリング
比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯磨きでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。
ルートプレーニング
スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケットの奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。
院長からのメッセージ

知らない間に進行してしまうのが歯周病です、症状がひどくなる前に早めの処置が何よりも、重要です。当院では基本的な処置から、外科的なアプローチまで行い、歯周病から患者さまの歯を守ります。
残念ながら、自覚症状がでたときには手遅れな場合もございます。
やみくもに残したことが帰って患者さまの不利益になる場合もあります。
抜く、抜かないという重度の歯周病のケースはしっかりと患者さまとのコミュニケーションをはかり、納得していただける選択支をご提供したいと思います。