入れ歯の不具合をそのままにしている方へ

入れ歯が「壊れた」「合わない」という場合に、そのまま放置される方は意外と多いようです。しかし、入れ歯の不具合をそのままにしておくと、支えとしている歯や歯ぐきに大きな負担がかかり、部分入れ歯を外したままにしておくと徐々に歯並びや咬み合わせが乱れてくるなど、さまざまな問題が生じてしまいます。

当院では、保険・自費を問わず、患者様のお口に可能なかぎり適した最善の入れ歯をご提供しています。入れ歯の不具合にお困りの方、あるいは歯を失ってしまったけどインプラントには抵抗があるという方は、どうぞ一度ご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯治療には保険が適用されるもの・適用されないもの(自費診療)の2種類があります。納得のいく治療を受けるために、それぞれの違いをよく把握しておきましょう。

  保険適用 自費診療
素材 限られる 選択肢が多い
見た目 比較的目立つ 本物の歯と同等の色・質感
耐久性 ある程度ある 大変優れている
床部分 厚みがある 薄くつくることができ、食事も楽しめる
使用感 多少違和感がある 自然な装着感・十分な咬み心地が得られる
価格 安価 高額

取り扱い入れ歯

レジン床義歯
床(歯ぐきにあたる部分)がレジン(歯科用プラスチック)でできた、保険適用でつくる入れ歯です。強度を維持するために床が厚くなっており、慣れるまで多少時間がかかります。また、見た目にも違和感が生じてしまいます。
金属床義歯
床が金属でできた入れ歯です。床を薄くできるため装着感がよく、熱伝導率が高いため食べものの温度が伝わりやすいのが特徴です。また、耐久性も高く長持ちし、雑菌や汚れが付きにくく衛生的です。床に使う金属には、ゴールド・コバルトクロム・チタンなどがあります。
ノンクラスプデンチャー
バネ(クラスプ)のない部分入れ歯です。歯ぐき部分がやわらかいシリコンでつくられているためしっかりフィットするうえに負荷がかからないため、硬いものでも痛みなくしっかり咬めます。また、入れ歯を使っていることが周囲にわからない自然な見た目を実現します。
院長からのメッセージ

一度作ったからといって入れ歯はずっと使えるわけではありません。なぜなら、患者さんの顎の骨の状態もかわりますし、入れ歯自体も人工歯が擦り減ったり、ひびが入ったりと様々なトラブルが起きます。また部分入れ歯ではばねをかける歯の状態が悪くなればまた作り直しということも少なくありません。当院では一度作った入れ歯は末永く使えるよう審査診断設計いたします。
保険外の義歯であればよりたくさんの選択肢が提供できます。気軽にご相談ください。

医療費控除について

医療費控除とは、申告をすると医療費の一部が戻ってくる制度のことです。歯科治療では、矯正治療やインプラント治療などあらゆる治療に適用されます(成人の美容目的の場合は除外)。

こんなケースに適用されます こんなケースは適用外です
  • インプラント
  • 矯正
  • 自由診療による補綴治療・セラミック治療
  • 虫歯や歯周病(歯槽膿漏)
  • 親知らずの抜歯
  • 入れ歯
  • 歯科ローンにより支払った治療費
  • 通院・入院のための電車、バス、タクシー代
  • 幼い子どものために親が付き添って通院した場合の交通費
  • 薬局で購入した歯痛止めなどの医薬品費用
  • 歯を白くするためのホワイトニング治療
  • 美容目的の審美治療
  • 歯科ローンの金利、手数料
  • 通院時に自家用車を使用した場合の駐車料金、ガソリン代
医療費控除の条件・範囲

1月1日~12月31日までの期間に、生計を一つにする配偶者、親族(子ども、孫、両親、祖父母、兄弟姉妹など)の医療費を10万円以上払った場合に、税金(上限200万円)が軽減されます。成人の場合は医師の診断書が必要となります。

医療費控除額=(実際に支払った年間医療費合計)-(保険金で補てんされる金額)-10万円※)
※年間所得が200万円未満の場合、所得×5%を基準として超過分に対して適用されます。